参院選と都知事選の選挙について感じる事

参院選のラインナップ輩の広告が町にはりだされていたので、「誰にいれるか考えないとな」と思って何となく眺めていました。決して、有名なひとにまぶたがいっちゃいますね。政党で、美学で選ばないといけないなと思うので、ちゃんと誰がどの政党か、どういうことをしてきたひとかは確認したいだ。あとから「こんな筈じゃなかった」ということになっても、投票した自分のせいですからね。あと、都知事選もありますね。こちらは依然として誰が起こるのかわからない状態です。今どき、有名なひとたちが都知事になっているなと感じてはいました。本来はなおさら別の視点から選ばないといけないのでは…と、今回のもめごとを見ていて思いました。予め権力や素性を得てしまうと、そのひとのオリジナルが外に出て生じるのかもしれませんね。そちらでも人を見失わないでいられるひと、する会社をまっとうもらえるひとに、今度は知事になってもらいたいですね。五輪までにまた都知事が陥るようなことは避けたいものです。すっぽん小町 ドラッグストア